A896a642605f6ac28ad690fedc0cbd8de5eb42ba32010bde21fda30fd5d7?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20170228%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20170228t142926z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=b42b68c687976522dcd857077e5cafa05d5944dae1f106b3109b79db3bdecc0f

2015年5月にメキシコ開催されるISA SUP世界大会で優勝を目指す!
金子ケニーの挑戦。

5419cbfbeb84204802eb74075129d19c6b5915dcd8e7729b46d9970e8837?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20170228%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20170228t142926z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=191c3c0300234cf420d66095c4aa2cc97c30e752450d1b19d880f0766c38e730

このプロジェクトは、2015年5月にメキシコで開催される、スタンドアップパドルボード(SUP)の世界大会に金子ケニーが挑戦するプロジェクトです。

こんにちは!金子ケニーです。僕は2013年から国内のスタンドアップパドルボード(以下、SUP)レースに参戦し始めました。2014年シーズンは海外や国内レースでも好成績を残し、11月に開催された第3回全日本選手権で優勝することができました。
アウトリガーカヌーに関しては日本や海外のレースに多数出場。
一人乗りカヌー(OC-1)では国内の多数のレースで優勝し2014年のモロカイ世界大会では16位(日本人歴代最高位)。アウトリガーカヌーとSUPを普及させる為に、オーシャンアウトリガーカヌークラブでコーチ、そしてKOKUA SUPでインストラクターとして活動しています。

スタンドアップパドルボード(SUP)という競技

SUPという競技をご存じない方もいらっしゃるかと思いますので、まずSUPについてご説明させて頂きます。
スタンドアップパドルボードは、ボードに立ってパドルで漕ぐ新しい水上スポーツです。
誰でも簡単に楽しむ事が出来る為、ハワイや米国本土、ヨーロッパ、アジア、オセアニアなど世界中に於いて人気沸騰中です。
勿論日本に於いてもここ数年で急激に愛好者が増加しております。 (協会ウェブサイトより一部引用)
友達とクルージングしたり、レースで競いあったりと楽しみ方は多様です。

2年前に始めたSUP

僕自身は8歳から南カリフォルニアで育ち、中学からサーフィンやジュニア・ライフセービングをやっていたので海がとても身近な存在でした。
その後高校3年生の頃から日本で生活していますが、最初はサーフィンをやっていたのですが良い波がなかなかないこと、そして海がサーファーで混んでいることから、父親の誘いを受けてアウトリガーカヌーを始めました。
アウトリガーカヌーでは毎年世界大会に出場していましたが、2年前、スタンドアップパドルボードを始めました。
現在はSUP選手としての活動とアウトリガーカヌーを両立し、SUPスクールなどを運営しつつ生活しています。

大会に出場する、本当の意味

このプロジェクトは、世界大会に出場するための遠征費を応援して頂くためのプロジェクトです。
しかし、僕は自分自身がプロ選手として活躍して、1位をとりたい、という自己満足だけのために世界大会に出場しても意味がないと考えています。

日本は島国で、日本人はかつては日々海と向き合う「海洋民族」でした。しかし、政府による鎖国が行われ、そういった船は燃やされてしまい、現在はほとんど残っていません。しかし本来は海に頻繁に出て行くような民族だったのです。

今の日本では、海に出ている人は少ないです。でも、僕は小さい頃から海のスポーツに慣れ親しんでしますが、海に出ると、海は色々なことを教えてくれます。今のコンピュータばかりの現代社会で、ふと海に入ると気づけることがたくさんあります。子どもたちにももっと海に触れて欲しいと思っています。

日本人が海外で、スポーツで活躍すると、メディア等に多く取り上げられます。僕が世界大会に出ることで、少しでも日本人の方に知って頂けて、こういうスポーツがあるんだ、日本人でも海のスポーツで世界の舞台で戦えるんだ、と思っていただくことで、皆が海に出てみたいと思ってもらえればと思います。また、僕は海外で生まれ育ちましたので語学への抵抗がありません。そういったこともあり、日本人がもっと海のスポーツで活躍する架け橋となることが出来ればと思い、世界の舞台に立ち、優勝したいと思っています!

クラウドファンディングを使う理由

SUPは日本ではまだまだマイナー競技ですので、スポンサーが付きづらい状況です。他のスポーツのように世界大会に出場する際、協会からの援助も無く、遠征費は全てアスリートが負担することになります。現在複数のスポンサー様からサポートを受けていますが年間出場するレースが限られてしまうのが現状です。
今回のメキシコ世界大会は場所が場所なだけに、費用が嵩み、出場するのが困難です。そのため今回はクラウドファンディングを利用させて頂こうと思いました。

大会詳細

開催時期:2015/5/17-5/20
開催場所:サユリタ、メキシコ

目標金額は3段階

目標金額は3つ設定しています。
まず第1の目標は40万円です。
これで、メキシコ大会への遠征費用(往復航空券、宿泊、板やパドルの運搬、移動費など)をまかなうことが出来ます。 

第2目標は80万円です。
実は2015年の4月25日にSUP Championship Tourの初戦、キャロライナ・カップがアメリカのノース・キャロライナで行われます。
海外のトップ選手は基本的にこちらに出場してから、その足でメキシコへ移動し、強化合宿を行います。
こちらの大会に出場することで世界大会への最終調整を世界トップレベルの選手達とできることになります。 
最終目標である80万円が集まれば、こちらの大会にも出場することが可能となります。

リターン

▼1,000円
・金子ケニー選手本人よりメールによるThank Youメッセージ

▼5,000円
・金子ケニー選手本人よりメールによるThank Youメッセージ
・御礼の手書きメッセージ入りポストカード

▼12,000円
・金子ケニー選手本人よりメールによるThank Youメッセージ
・メキシコ遠征中に撮った写真に手書きメッセージを添えて
・金子ケニー選手HPにスポンサーとしてお名前を掲載

▼30,000円
・金子ケニー選手本人よりメールによるThank Youメッセージ
・メキシコ遠征中に撮った写真に手書きメッセージを添えて
・金子ケニー選手のスポンサーからのステッカー・セット
・金子ケニー選手HPにスポンサーとしてお名前を掲載

▼50,000円
・金子ケニー選手本人よりメールによるThank Youメッセージ
・メキシコ遠征中に撮った写真に手書きメッセージを添えて
・大会で使用したキャップにサインを入れてプレゼント
・金子ケニー選手HPにスポンサーとしてお名前を掲載

▼80,000円
・金子ケニー選手本人よりメールによるThank Youメッセージ
・メキシコ遠征中に撮った写真に手書きメッセージを添えて
・大会で使用したジャージかボートショーツにサインを入れてプレゼント
・金子ケニー選手HPにスポンサーとしてお名前を掲載

▼100,000円
・金子ケニー選手本人よりメールによるThank Youメッセージ
・メキシコ遠征中に撮った写真に手書きメッセージを添えて
・普段大会で使用している遠征バックにサインを入れてプレゼント
・金子ケニー選手HPにスポンサーとしてお名前を掲載

▼200,000円
・金子ケニー選手本人よりメールによるThank Youメッセージ
・メキシコ遠征中に撮った写真に手書きメッセージを添えて
・SICエリートパドルにサインを入れてプレゼント
・金子ケニー選手HPにスポンサーとしてお名前を掲載

▼400,000円
・金子ケニー選手本人よりメールによるThank Youメッセージ
・メキシコ遠征中に撮った写真に手書きメッセージを添えて
・SICインフレータブルボードにサインを入れてプレゼント
・金子ケニー選手HPにスポンサーとしてお名前を掲載