A896a642605f6ac28ad690fedc0cbd8de5eb42ba32010bde21fda30fd5d7?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20190921%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20190921t174424z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=aedfe97cd512b7017e3b2a5629d4500408bfd34eaa44f537865bd4360d94e1cd

日本人初、カナダプロリーグへの挑戦。
バスケットボール選手安藤誓哉、世界へ!

7d8f0aa8385325ab8b7973481a832d2fd955d7250782c58bb07023eb68c6?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20190921%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20190921t174424z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=7db995bf728e5627380ece01497fadb3782ec37aca2df17e6945628a3fe7c89a

<運営からのお知らせ>
本プロジェクトでは支援終了期日まで、 銀行振込での支援を受け付けさせていただくこととなりました。
銀行振込をご希望される方は、「安藤誓哉プロジェクト銀行振込での支援希望」の件名で、下記アドレスまでメールにてご連絡ください。
担当者より、折り返し手順についてご案内させていただきます。
※ご連絡の際には、パソコンのメールアドレスより御連絡下さいませ。

info@greenfunding.jp (こちらのメールアドレスをクリックいただけると、 メーラーが立ち上がります)

このプロジェクトでは、バスケットボール選手の安藤誓哉が日本人初となるカナダプロリーグへの挑戦をするにあたり、サポートしてくださる方々を募集します。

はじめまして、安藤誓哉と言います。
まず簡単に僕の自己紹介をさせてください。

僕は、バスケをやっていた父親の影響で、小学1年生のときバスケを始めました。小さい頃からNBAを見たり、NBAウィークリーを読んだりと、海外のバスケにとても興味をもっていました。
それ以来ずっとバスケに夢中になり、高校は強豪と言われる明成高校でプレイをしていました。中学の頃は、海外でプレイすることなんてあまり考えたこともなかったのですが、高校3年生のとき初めてU18に選出され、海外の選手と戦うことで海外のバスケのレベルに圧倒されました。中国や韓国の選手はあまりに強く、到底、力は及びませんでした。中国や韓国は圧倒的にプロを目指している学生の人数が違います。そこに意識の違いがあり、単純に同じ実力であれば、そういった環境でプレイするほうが確実に強くなる、と感じました。

同世代のアジアの選手たちの空気や威圧感を肌で感じ、世界で戦いたいという気持ちが強固なものになりました。その後明治大学のバスケットボール部に入部し、気持ちを新たにし、一心不乱にバスケに取り組みつづけていました。

明治大学へ入学し、部活でプレイをしている間もずっと、海外へ挑戦したいという想いはどんどん強まっていきました。しかし、自分たちの世代の周りに世界に挑戦している選手はほとんどおらず、挑戦するやり方すらわからない状態でした。そのため、その頃はひたすら一生懸命大学の部活に取り組むしかありませんでした。

いつの間にか大学4年生になり、今後の自分の身の振り方について不安と焦りを感じました。そんなとき、共通の知人から紹介され、野澤さんと出会ったのです。


↑野澤さん(左)と。

野澤さんはアメリカ・LA拠点で、自分のチームLos Angeles Loopを立ち上げ、セミプロリーグやマイナーリーグに参戦されています。
2012年にアメリカでスポーツエンターテイメント会社を設立し、バスケを通して世界と日本の架け橋となるよう活動をされています。

野澤さんに、海外に行きたいという話を率直にしたところ、見てるだけじゃわからないので、LAに来て実際に経験してみるのが一番いい。とアドバイスを受け、野澤さんにご協力いただいて、LAに1ヶ月滞在することが出来ました。
LAではワークアウトやゲームをローテーション、週末はDrew leagueへ挑戦しました。
Drew leagueとはLAで毎年6~8月に開催される、セミプロリーグのことです。近年はコービー・ブライアントやレブロン・ジェームズ、ケビン・デュラント等、多数のNBA選手がオフシーズン中にDrew Leagueを訪れてプレイするほど有名なリーグです。

海外で活躍する選手や、コーチ陣を目の前にして、もう僕の気持ちは固まりました。絶対に海外でプレイしたい

Drew leagueの試合でカナダのプロリーグ(nblcanada)のチームである、Rainmenのオーナーに興味を持っていただくことができ、一旦日本へ帰国後に再度、ミニキャンプ参加のために渡米しました。

ミニキャンプではうまくアピールをすることが出来、翌日には、Rainmenへの入団が決定しました。(Rainmenページ

僕は明治大学を6月に早期引退し、カナダのプロチームである、Rainmenの選手として日本人で初めてカナダリーグへ挑戦します。どうして大学・部活をやめてまで行くのか、あと1年待てば良いのに、という声もありましたが、僕は今22歳です。なるべく若いうちに、よりレベルの高い場所で経験をつみたいという想いがあります。例えばもし、明日怪我をすれば選手生命が終わってしまうかもしれません、そんなときに後悔をしたくはありません

チャンスが回ってきたからには、海外で結果を残したいと思っています。皆さんの応援が力になります、ぜひ応援をよろしくお願いいたします!

◯野澤亮介氏

「安藤君を初めて見た時は爽やかな青年でした。アメリカLos Angeles でバスケのトレーニングやDrew leagueの試合に出たいという依頼があり気持ちの強い選手だなあとすぐ分かりました。そしてアメリカLos Angeles ではNBA でも有名なインディアナペイサーズのPaul Gergeや、オクラハマサンダーのReggie Jackson 選手ともピックアップゲーム、workoutをし早い段階での成長が見れました。やはり年齢も若いし、飲み込みが早いので安藤選手を見ていて期待できるところはありました。Drew leagueでもプレイタイムはあまりありませんでしたが数分で得点も重ね、アメリカ人選手に対抗していました。本当これからもっと上を目指して頑張って欲しいのでカナダで活躍できる姿を期待しています。No excuse Just Produce Lets go Seiya」

カナダへの渡航費、滞在費、活動費の一部として使わせて頂きます。


・安藤誓哉からのお礼のメッセージ 


・安藤誓哉からのお礼のメッセージ
・サイン入りRainmen入団写真


・安藤誓哉からのお礼のメッセージ
・サイン入り入団写真
・サイン入りオリジナルTシャツ


・安藤誓哉からのお礼のメッセージ
・サイン入り入団写真
・サイン入りオリジナルTシャツ
・サイン入りHOSGAMETシャツ
※HOS GAMEはLAからプロアマNo.1リーグのプレイヤーを招聘する、前代未聞のバスケットボールイベントです。詳細はこちら


・安藤誓哉からのお礼のメッセージ
・サイン入り入団写真
・サイン入りオリジナルTシャツ
・サイン入りHOSGAMEボール
※HOS GAMEはLAからプロアマNo.1リーグのプレイヤーを招聘する、前代未聞のバスケットボールイベントです。詳細はこちら


・安藤誓哉からのお礼のメッセージ
・サイン入り入団写真
・サイン入りオリジナルTシャツ
・サイン入りバスケットシューズ1足


・安藤誓哉からのお礼のメッセージ
・サイン入り入団写真
・サイン入りオリジナルTシャツ
・サイン入りバスケットシューズ1足
・サイン入りRainmenレプリカユニフォーム