A896a642605f6ac28ad690fedc0cbd8de5eb42ba32010bde21fda30fd5d7?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20190921%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20190921t175826z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=6a147729f38f5b967910ab0911f75b7d2dc88c8a9cc8285a88e6adde4e8a43c4

オーストラリアンフットボール日本代表
8月に開催されるインターナショナルカップでベスト4に入りたい!

9705aa7ff22a4b9510fc21ac3182496763084ae2b6222a32b18f525d588a?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20190921%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20190921t175826z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=243129526a7e6d2b19d9d031dd5ad2a20d3350c40217f68c42d64e82cdffa794

=====
皆様の暖かいご支援、誠にありがとうございます。

目標金額に達したことで、トレーナー帯同費として遠征メンバーが負担する金額が大幅に低く抑えることができました。
しかし、運営会社にお支払いする手数料を考慮すると、遠征メンバーがトレーナー帯同費として分担する金額は残されています。
さらに現地で必要なテーピングやドリンク代など、試合を戦うために必要な物品の購入も控えております。
引き続き、本プロジェクトへのご支援をお願い申し上げます。

日本代表チームメンバー一同
=====

こんにちは、オーストラリアンフットボール日本代表「SAMURAIS」統括の関口遵(せきぐちじゅん)と申します。

このプロジェクトは、2014/8/9-2014/8/23に、オーストラリアで行われるインターナショナルカップ2014で、ベスト4に入るために応援して下さる方々を募集しています!!

オーストラリアンフットボールって知っていますか?

オーストラリアンフットボールは、フッティー、オージールールズ、また日本ではオージーボールとも呼ばれるオーストラリア式のフットボールで、オーストラリアでは最も人気のあるスポーツです。

ビクトリア州を中心にクリケット選手のオフシーズンのトレーニングとしてラグビーを基にルールが作られ、1858年からプレーされるようになりました。今日では、このオーストラリアンフットボールは、シーズンである冬の間には全国で試合が行われるまでになっており、毎年9月には、メルボルンクリケットグランド(MCG) に10万人以上の大観衆を集めてグランドファイナルが行われます。オーストラリアで最も規模が大きく、最も古い歴史を持つスポーツです。  

サッカーのように走り、ラグビーのようにタックル、バスケットボールのようにドリブルし、バレーボールのようにジャンプ。スピーディな展開とダイナミックな個人技でオーストラリアでは不動のNo.1スポーツとして知られているのです。いわば世界で最も激しい球技といえます。

オーストラリアのプロリーグAFL(Australian Football League)は、現在18チームで構成され、地元オーストラリア企業やコカコーラなどのグローバル企業はもちろん、リーグのメインスポンサーとしてはトヨタ自動車、各クラブチームにはヤクルト、マツダ、リコー、富士ゼロックス、コマツなど、 数々の日本企業もAFLおよびチームスポンサーとしてオーストラリアンフットボールをサポートしています。

オーストラリアの人口、約2,000万人のうち、約35%の700万人が各種スポーツに取り組んでいると言われていますが、2003年にAFLが行った調査によると、その内の6%にあたる44万人がオーストラリアンフットボールに取り組んでいます。13歳~18歳のユース世代においては、その内の約20%の9万人が、地域クラブや学校においてオーストラリアンフットボールに取り組んでいます。

日本では?

日本に初めてオーストラリアンフットボールが紹介されたのは1986年、横浜スタジアムにてAFLクラブがエキシビジョンマッチを行ったのがきっかけでした。翌年も横浜スタジアムで試合が行われ、この時に慶應大学と早稲田大学の学生が初めて日本人チーム同士で試合を行いました。 その後、在日オーストラリア人チームが誕生し、日本代表サムライズも活動を開始。大学生チームやクラブチームが創部と消滅を繰り返しながら歴史を作ってきています。

現在では9チームが協会に加盟し、年間を通してリーグ戦を行っています。シーズンは4月から11月ですが、シーズンオフにもカップ戦を開催するなどチームを増やす中で、国内での試合数も増えてきています。

アマチュアリーグのため、チームのプレイヤーやスタッフは学業や仕事と両立させながらトレーニングに励み、それぞれのチームが金銭的な負担や運営の協力を行いながらリーグを運営しています。 協会は2011年に法人格を取得し、国際大会への出場、国内リーグの発展、普及育成活動を中心に活動しています。

インターナショナルカップでは最高ベスト8位・・・

そんな日本ですが、3年に1度のインターナショナルカップには5回連続で出場を果たしています。しかし、最高はベスト8。3年前は12位という結果でした。

2014/8に行われるインターナショナルカップでは、ベスト4を目指したいと思います!

ベスト4入りするために必要なこと

私たちは今回、選手28名とスタッフ7名で試合に挑みます。現地までの航空券代や、ホテル代等滞在時にかかる費用全て、選手・スタッフ共自腹で支払っています。

しかし、このメンバーにトレーナーが入っていません。皆様に応援して頂き、このトレーナーの渡航費と滞在費に充てさせて頂きたいのです!

大会は2週間という短期間で多くの試合を戦わなくてはいけません。さらに対戦する相手は屈強な体格のプレイヤーばかりです。現地ではコンディションを維持するためのトレーニングやストレッチ、体のケアが必須となります。 トレーナーがチームに帯同することで、体を最高の状態に保つことができ、試合では最高のパフォーマンスを発揮することが出来るようになると信じています。

また、目標金額を越えてご支援頂いたお金は、チームを支えるテーピングなどの用具購入費に充てさせて頂きます。

リターン

ご支援頂いた方々には、金額に応じて色々なお返しをご用意いたしました。

▼1,000円

・日本代表メンバー「SAMURAIS」からお礼のメッセージ

▼3,000円

・日本代表メンバー「SAMURAIS」からお礼のメッセージ
・リーグ決勝戦(2014/11/29(土)@横浜YCAC)のハーフタイムでキックのミニゲームに挑戦!(景品あり!)

▼5,000円

・日本代表メンバー「SAMURAIS」からお礼のメッセージ
・「SAMURAIS」オリジナルタオル

▼10,000円

・日本代表メンバー「SAMURAIS」からお礼のメッセージ
・レプリカサムライズポロシャツ

▼30,000円

・日本代表メンバー「SAMURAIS」からお礼のメッセージ
・お名前入りレプリカサムライズユニフォーム

▼50,000円

・日本代表メンバー「SAMURAIS」からお礼のメッセージ
・お名前入りレプリカサムライズユニフォーム
・アワードパーティー(2014/12/6(土)@都内ホテルの予定)ご招待

▼100,000円

・日本代表メンバー「SAMURAIS」からお礼のメッセージ
・お名前入りレプリカサムライズユニフォーム
・代表チームサイン入りリーグ公式球