A896a642605f6ac28ad690fedc0cbd8de5eb42ba32010bde21fda30fd5d7?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20171120%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20171120t001649z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=203a7b462fa1c721a8855ded662c2baca0194e6cb05e24df22ed61e57238650e

第9回東アジアスカッシュ選手権大会開催。メダル獲得を目指す!

63195e551eb54595d65501fdf0c42aac01978def27be05d4dcd0b53252db?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20171120%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20171120t001649z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=71c54420feee382bcea638db233bc17be69c8378032a628312c880724f9fe3e8

 

はじめまして。公益社団法人日本スカッシュ協会 常務理事(東アジア選手権大会・団体戦 実行委員長)の渡辺祥広と申します。

 

オリンピック競技に最も近い競技として注目を集める『スカッシュ』。 

しかし、マイナースポーツであるために大きなスポンサーが集まらず、選手は自費での海外遠征を余儀なくされています。 そんな中、7年ぶりに国際大会が日本で開催される運びとなりました。

 

今回皆様にご提案させていただくのはスカッシュ日本代表選手の活躍を支援し、一緒に東アジアスカッシュ選手権大会団体戦でのメダル獲得を目指すプロジェクトです。 

今年、5月29日(木)~6月1日(日)で開催されます国際大会で、スカッシュ日本代表をサポートして一緒にメダルを目指しませんか?


▲東アジア競技大会2013での男子団体銀メダルチーム

 

■スカッシュの魅力!

スカッシュは世界中で広く行われていて、特にヨーロッパを中心に盛んです。全世界の競技人口は2,000万人に達すると言われ、日本では約30万人がプレーされています。

 

スカッシュは、『スポーツ界のチェス』とも言われ、短時間で身体と頭をフル回転して心身共にスカッとする所が最大の魅力です。 最近は日本でも、新しい感覚の『お洒落』で『カッコいい』スポーツとして注目されており、 手ぶらでコートに行って、気軽に楽しめるスポーツとして、競技人口が増加しています。特に昨年、東京オリンピックでの候補新競技の一つとして挙がっていたので、ご存知の方も多いかもしれません。

 


▲東アジア競技大会2013での個人戦3位入賞の松井選手・福井選手

 

■東アジアから 東京五輪への挑戦!  

スカッシュは過去3度(2012年ロンドン・2016年リオ・2020年東京)オリンピック新競技の最終候補残った事で、徐々に夢の実現に近づきあと一歩のところにきています。実際、昨年(2013年)の9月、東京にオリンピック開催地が決定した際の、レスリング・野球(ソフトも)・スカッシュでの3競技の争いを繰り広げられた数ヶ月間の間でも多くの方がスカッシュを知り、様々なスカッシュコート所有施設で過去に例のない賑わいを見せていました。  

 

そして、この東アジア選手権の日本・東京開催の成功で、2020年・東京オリンピックへ繋げて行きたい。日本でまだまだ低い認知度を高め、スカッシュムーブメントを起し、『スカッシュの本当の面白さ!』を沢山の人に知って貰うことで、一歩でもオリンピックに近付くと確信しています。また、日本代表選手はこの大会の成功が、自らのスカッシュ人生に於いてターニングポイントになり、選手活動の幅を広げて行くチャンスとも捉えています。 

皆さん、出場する選手の応援を是非とも宜しくお願い致します!

 

小林海咲選手のコメント

 

小林僚生選手のコメント

 

松井千夏選手のコメント

 

清水孝典選手のコメント

 

■ご支援頂いたお金の使い道について

東アジア選手権をこれまでの大会よりも、盛大に盛り上げていくことでオリンピック競技入りへの道が広がります。みなさまより頂いた支援金は、東アジア選手権の運営資金に充当させて頂きます。

現状の資金状況では、オリンピックにつなげられるほどの盛り上がりを作れる状態ではありません。みなさまの協賛によって、オリンピックにつながるイベントを運営することが可能となります。

現在のひとつの考えとしては、有名なゲストを招待することでマスコミへの露出機会を高め、ひいてはスカッシュを深く知らなかった人々へもアピールすることにつながって、スカッシュの盛況を実現することなどを考えています。

 

■リターン

 

▼¥1,000

・選手からの御礼メッセージ

 

▼¥5,000

・選手からの御礼メッセージ

・オリジナルピンバッチ 

・パンフレット 

 

▼¥10,000

・選手からの御礼メッセージ

・オリジナルピンバッチ 

・パンフレット 

・オリジナルTシャツ

 

▼¥25,000 限定20名

・選手からの御礼メッセージ

・4日間大会入場券 

・株式会社エスキューブ協賛スカッシュペア・プレー券(45分) 

・Tシャツ 

・選手サイン入りパンフレット 

 

▼¥50,000 限定10名

・選手からの御礼メッセージ

・Tシャツ 

・選手サイン入りパンフレット 

・4日間大会入場券 

・株式会社エスキューブ協賛スカッシュペア・プレー券(45分)

・最終日観戦座席(サイド)

・大会記念品(時計を予定)

 

▼¥100,000 限定2名

・選手からの御礼メッセージ

・Tシャツ 

・選手サイン入りパンフレット 

・4日間大会入場券 

・株式会社エスキューブ協賛スカッシュペア・プレー券(45分)

・最終日観戦座席(後方)

・大会記念品(時計を予定)

・表彰パーティーへご招待 

 

※株式会社エスキューブ協賛スカッシュペアプレー券は、スカッシュスタジアムSQ-CUBEでのご利用になります。