A896a642605f6ac28ad690fedc0cbd8de5eb42ba32010bde21fda30fd5d7?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20170325%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20170325t193233z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=bbada957dd36501bb2a29049a0307fa4a8c51afe75bb7c4f80b98629b32bed5d

石巻復興ミサンガ『絆』を全国のフットボーラーに広めたい!

Efbd7cc9c3972f3f8f333f96ea09d319155aaab410eeb1469524d1b8db37?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20170325%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20170325t193233z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=e1fb60610a3bfb2f48556ff2acf654a88d6f3b5105e9e574a18542f87039bc1e

石巻復興ミサンガ『絆』を全国のフットボーラーに広めたい!

こんにちは、RARA plusを運営しております、荒畑良です。
東北大震災が起きて、しばらくはメディアでも多数の報道がなされ、復興支援などが頻繁に行われてきました。しかし、震災から2年も経つと、そういった活動も減ってきています。みなさんは石巻が今どのような現状か、そこに暮らす方々がどのような生活を送っているかご存知でしょうか?


石巻市内                                      雄勝町海辺


   仮設住宅                がれきが散乱している様子

このように、まだまだ復興は十分とはいえず、仮設住宅で、一部屋四畳半ほどの空間に暮らしている方々がたくさんいらっしゃいます。家族5人で一部屋を使っている方々もいるほどです。

僕は以前から、仕事でスポーツに深く関わってきているので、スポーツを通して出来る復興支援がしたいと思っています。このミサンガを通じて、全国のフットボーラーに、震災のことを忘れないでいてほしいと思っています。また、このミサンガを購入頂くことが石巻支援にもつながります。石巻復興のためにもこのミサンガをフットボーラーに広めて行きたいです。

石巻復興ミサンガ『絆』のコンセプト

素材は100%漁網の補修糸を使用しています。漁業を修復する、新たな生活を再出発する、そんな復興への願いと想いをこのミサンガに編みました。漁網ミサンガは『切れない』ことに価値を置いています。つまりマイナスな状況から生み出した絆や結束力、新たに出逢えた支援の輪を大切にしてゆく...それは強い絆を表現しています。

石巻復興ミサンガ『絆』ができるまで

僕はサッカーユニフォームやサッカー用品のリサイクルショップも経営しているのですが、その店舗に立っていたある日のことでした。その日、営業に来たという方からスタッフが買い取ったミサンガを見せてもらいました。デザイン性に優れ、丈夫そうで僕もその場で購入しました。その後、ミサンガの詳しい由来を聞くととても素晴らしいコンセプトで、ぜひ僕のブランドのRARA plusで扱いたいとおもいました。そして、次の日には仙台に足を運び、話を聞いて買い取ることを決めました。

ミサンガの由来

石巻市雄勝町名振で津波の被害にあったおばあちゃんが、震災後、意気消沈して海辺を歩いていました。津波の爪あとが強く残る海辺を見ていると、漁網が落ちているのを見つけ、何気なく拾って帰ったそうです。もともと編むことが得意だったおばあちゃんがその漁網でミサンガを編んでみると、同じ仮設住宅に住むお母さん達も興味を持って集会所に集まるようになり、一緒に編み出しました。おばあちゃんは熟年のスキルで、ものの1時間ほどで1本を編んでしまうのに、お母さんたちはなかなか出来ず、はじめは1日位かかったそうです。それでも何本も何本も編んでいくうちに、今では1本1時間ほどで編めてしまうほど上達したそうです。下の写真は、オリジナル石巻ミサンガに使われている漁網糸です。雄勝町の海辺に落ちている漁網を拾って、綺麗に洗浄後、最初は編んでいました。今では全国の皆様に応援して頂いているおかげで、20種類もの糸を染めて編むようになりました。


雄勝町の仮設住宅でRARA Plusのミサンガについてお母さんたちと打ち合わせ

仮設住宅近くの公民館で集まってミサンガを作っています。今でも2,3ヶ月に一回は雄勝町に行って、お母さん達と話したりご飯をご馳走になったりしています。

このプロジェクトに賛同して頂いているサッカー選手

以下の現役/元サッカー選手の方々も、本プロジェクトを応援してくれています。プロジェクトを支援して頂いた方々へのリターンの一つに、この選手たち(全員ではありません)のサイン入りサッカーボールやユニフォームなどを盛り込みました。応援してくれる選手たちを、随時アップしていく予定です。

・小野伸二選手(ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ)  
・岩下敬輔選手(ガンバ大阪所属)

・伊藤翔選手(清水エスパルス所属)     
・辻尾真二選手(大分トリニータ所属)

・飯尾和也選手(松本山雅FC所属)     
・鐵戸裕史選手(松本山雅FC所属)

・塩沢勝吾選手(松本山雅FC所属)    
・堀江航選手(プロ車椅子バスケット選手 兼 日本代表アイススレッジホッケー選手)

RARA plusについて

RARA plusは、ラグジュアリーアクセサリーや小物を扱うブランドです。上質なスワロフスキー、マリア、クロスなどを使用したアクセサリーを、一つ一つ職人が丹精込めて製作しています。

リターンについて

※トップ画像のミサンガはサンプルです。プレゼント用ミサンガは、以下の5種類の中から、サイズは16.18.20cm(女性腕用・男性腕用・足用)からお好きな物をお選び頂けます。

 

・1000円:石巻のお母さんたちからの御礼のメッセージ

・3000円:石巻のお母さんたちからの御礼のメッセージ+石巻復興ミサンガ一本

・5000円:石巻のお母さんたちからの御礼のメッセージ+石巻復興ミサンガ二本

・30000円:石巻のお母さんたちからの御礼のメッセージ+石巻復興ミサンガ一本+サッカー選手サイン入りユニフォーム

・50000円:石巻のお母さんたちからの御礼のメッセージ+石巻復興ミサンガ一本+サッカー選手サイン入りサッカーボール

・100000円:(企業様向け)石巻のお母さんたちからの御礼のメッセージ+あなたの会社のオリジナルカラーで石巻復興ミサンガを製作出来る権利(ミサンガの料金は含みません)