A896a642605f6ac28ad690fedc0cbd8de5eb42ba32010bde21fda30fd5d7?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20170816%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20170816t132411z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=0b3501ec5f12238d67171f3d707748bb53d47c046475cb749a28dfcd6ad39b36

Enjoy Beach! ビーチ相撲 オリジナル"MAWASHI" 開発プロジェクト

26be5a9dc4e3be8b6066b42288e96d67efd1d203b02c9efe31619706edbb?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20170816%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20170816t132411z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=1d197abbb503c0c285394da506d02e4ba992c3846e11d8059cc3c1afa07bbdbe

◆こんにちは、ビーチ相撲協会の吉田です。

こんにちは特定非営利活動法人(NPO法人)日本ビーチ相撲協会(英語名:Nippon Beach Sumo Association 略称:NBSA)の吉田です。

「砂浜で相撲をとる」。古来から日本人が砂浜において半ば自然に行ってきたその振る舞いは、『日本固有の文化の伝承』、『地域社会のコミュニケーション機能』という大きな意味を持つものでした。
このような振る舞いの背景として浜の美しい自然があったことは言うまでもありません。

現代日本が抱える『グローバル化』、『地域コミュニティーの崩壊』『沿岸部での環境破壊』という問題において、『砂浜で相撲をとる(※以下ビーチ相撲)』という振る舞いはその改善方法の一つとして見直されてしかるべき、とわれわれは考え、平成15年から、毎年ビーチ相撲大会を開催する活動を実践してきました。

◆MAWAHSHI プロジェクト ~ビーチ相撲を世界に広めるために

ビーチ相撲を日本津々浦々、そして世界に普及させるためにはビーチ相撲に特化した用具が必要。それは、安全で、簡単に着脱ができて、カッコよくある必要がある。
そんな考えから、ビーチ相撲専用のオリジナルまわし『MAWASHI』開発のプロジェクトをスタート!

始まりは、杉江理(現WHILL株式会社CEO)がビーチ相撲協会の総会でプレゼンテーションを行った数枚のコンセプトシートからでした。

◆MAWAHSHI プロジェクト ~プロトタイプの作成

2008年ビーチ相撲総会にて発表した杉江理のコンセプトを元にプロジェクトが発足。
杉江理と私、吉田守博、にパタンナーの二宮百合子と、サーフィンをこよなく愛する高橋弘樹(通称:ジャイアン)が加わり、約6カ月の作成期間を経て、2009年猿島場所で「MAWASHI」プロトタイプが発表されました。

◆MAWAHSHI プロジェクト ~デザイン、素材について

デザインは2011年 IMF 世界銀行年次総会(招待展示)、Merrell 出版社(UK/NY)が選ぶ “Made in Japan 100 New products”などに選出された、現在は話題の電動車いす「WHILL」を手掛けるWHILL株式会社CEOを務める杉江理が2008年、当時日産自動車で同期であった吉田と担当。
人型をイメージした形から腕部分を腰にまわし、まさにがっぷり四つに組む相撲の取り組みを表現しています!
また開いた状態では、ビーチの上をチャンピオンベルトさながら肩にかけてビーチの注目も集めらます!!

素材は表皮にサーフィンのウェットスーツ素材、中には高反発ウレタン素材、接合部分には産業用マジックテープを使用。
ウェットスーツ素材を使用することで高度の耐久性、防水性を確保しつつ、砂浜や海の色に映える発色のよい色合いを実現し、高反発ウレタンを使用することで安全性と強度を確保しました。
また、産業用マジックテープ使用により固定制及び着脱性という相反する2要素を達成しています。

◆ビーチ相撲が目指すこと ~『国技相撲の広範な普及』『地域コミュニティーの活性化』『海辺環境の再生・保護』

ビーチ相撲をさらに普及していく事業により、

1、国技相撲の広範な普及
2、地域コミュニティの活性化
3、海辺環境の再生・保護

という3つの課題解決に寄与し、さらに、この活動を全国に広範に拡げることを主たる目的としています。

◆今回ご用意したリターン

Enjoy Beach! Enjoy Sumo! 巷で話題の新スポーツ“ビーチ相撲”を全国津々浦々、そして世界に広めるためにあなたのお力を貸してください。

「クラウドファンディング」の仕組みを使い、相撲や日本の文化、地域コミュニティを愛する一人一人のお力をお借りする事ができれば、「MAWASHI」プロジェクトを成功させる事ができると信じています。

ファンディングをしてくださった方々には金額に応じて夏のビーチでひと際目立っちゃうビーチ相撲グッズや熱いビーチ相撲大会を楽しめる各種優待を差し上げます!

500円...ビーチ相撲協会からお礼メール&2013年ビーチ相撲大会開催情報のメール告知

1000円…ビーチ相撲協会からお礼メール&ビーチ相撲オリジナルポストカード

3000円…ビーチ相撲協会からお礼メール&2013年ビーチ相撲協会主催大会参加フリーパスポート

5000円...ビーチ相撲協会からお礼メール&ビーチで激目立ち&激モテ!ビーチ相撲オリジナル行司Tシャツ

10000円…ビーチ相撲協会からお礼メール&これであなたもビーチ相撲玄人!オリジナルしこ名&千社札(名前が相撲文字で書かれた)シールのプレゼント

50000円…ビーチ相撲協会からお礼メール&大会時ののぼり掲出/一年間協賛企業としてWEBサイトへ掲載

◆皆さまのファンディングの使用用途についてのご説明

皆さまからご協賛いただいた資金はビーチ相撲オリジナルMAWASHI製作費用に充てさせていただきます。余った資金は来年度のイベントの運営費などにも使わせていただくことがありますが、一切の資金使用内容はウェブ(公式ウェブサイトもしくはブログ)にて別途報告させていただきます。

[ビーチ相撲活動実績]

2003
鎌倉市由比ガ浜にて例年行われる「海の大運動会」での1競技として、ビーチ相撲大会を開催(選手約30名)

2004-2006
上記同様、毎年8月にビーチ相撲大会を開催(平均選手数30名)

2007.7.27
NPO法人日本ビーチ相撲協会として、初の主催大会となる。
「第1回湘南ビーチ相撲大会」を鎌倉市由比ガ浜にて開催(選手約60名)

2008.6.7
NPO法人日本ビーチ相撲協会設立総会を開催。
理事長に名古屋大学相撲部師範の細谷辰之氏を選出。その他理事14名、監事1名を選出。定款を定め、今後の活動計画を策定。

2008.7.26
「第2回湘南ビーチ相撲大会」(神奈川県鎌倉市由比ケ浜茶亭組合共催)を開催

2008.7.31
「第2回須磨ビーチ大会」(兵庫県神戸市)を開催

2008.8.10
「第1回うつみビーチ相撲大会」(愛知県知多半島)を開催

2009.7.26
「第1回猿島ビーチ相撲大会」(神奈川県横須賀市共催)を開催

2009.8.29
「第3回湘南ビーチ相撲大会」を開催

2009.12
日本ビーチ相撲協会が東京都の特定非営利活動法人として正式認可

2010.7.31
由比ヶ浜ビーチ相撲大会2010(第4回湘南ビーチ相撲大会)を開催

2010.8.29
猿島ビーチ相撲大会2010(第2回)を開催

2010.9.19
三宅島ビーチ相撲大会2010(東京都三宅村共催)を開催

2011.6.2
千葉県館山市/館山サーフクラブ主催の「館山オーシャンフェスタ」での1競技としてビーチ相撲大会を開催

2011.8.7
神戸須磨大会2011を開催

2011.8.28
北海道紋別大会2011(第1 回)北海道紋別市ホワイトビーチにて開催

2011.9.18
三宅島ビーチ相撲大会2011(第2回、三宅島連合青年団共催)を開催

2012.6.17
「館山オーシャンフェスタ」での1競技としてビーチ相撲大会を開催(第2回)

2012.7.28
由比ヶ浜ビーチ相撲大会2012(第6 回湘南ビーチ相撲大会)を開催

2012.8.26
北海道紋別大会2012(第2回)北海道紋別市ホワイトビーチにて開催

2012.9.16
三宅島ビーチ相撲大会2012(第3回、三宅島連合青年団共催)開催

[関連リンク]

▼ビーチ相撲協会公式ブログ
http://blog.beachsumo.org/

▼Nifty Daily Portal Z での紹介記事
http://portal.nifty.com/2010/08/25/c/