A896a642605f6ac28ad690fedc0cbd8de5eb42ba32010bde21fda30fd5d7?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20170816%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20170816t132108z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=c72cba0e55571d8259368b2947d2308f6807fdd5dbec469e76bb5d4e309075f0

安田大サーカス団長、怪我からの復帰
トライアスロンで世界を目指す

6c329e87e36505312c40ce3d89220c02acf460d8f6eef11d54c0f6adcfd5?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20170816%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20170816t132108z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=e64ecce23eb9d0ccd2322730f581fe8c10d57eefb87ac0dc10c51b63f214e5a9

みなさん、こんにちは!安田大サーカスの団長です!

このプロジェクトでは、昨年7月にトライアスロンで落車し全治3か月の大けがを負った僕が、トライアスロンの魅力を再度みなさんにお伝えしたいと思います。

自転車芸人としての人生

僕が自転車に乗り始めたのは、出演したTV番組の景品でロードバイクを貰ったのがきっかけでした。
ある番組の景品でトレックの本格的なロードバイクをいただきましたが、当時は乗り方もよく分からなかったため自転車屋に持って行きママチャリと交換してもらおうとしたんです。
でもその自転車屋の方に「良いバイクなのにもったいないので乗って下さい」と説得されて乗ってみることに。乗ってみるとものすごく速く、軽く気持ちが良かったため、段々楽しくなって、僕の自転車人生は始まりました。

その後はどんどん自転車にのめりこんでいきました。それと合わせて番組で潜水の日本記録を取得したこともあり、トライアスロンを始めることとなりました。
それからはたくさんの大会に出場し、毎日のトレーニング(スイム3,000m〜5,000m ラン10km〜20km バイク60km〜120kmの組み合わせ)を欠かしていません。

 

そんな時に起きた2015年の落車事故

2015年7月19日、山形県鶴岡市で開催される「温海トライアスロン大会」にゲストとして呼んでいただきました。
そのバイク競技中に転倒し、前頭部を強打して救急搬送されたのです。
一時気を失っていたものの、診察の結果脳への異常は見つかりませんでした。精密検査では、脳しんとうによる体調不調、打撲による右目の腫れ、右目から頬までの外傷などにより、1カ月間の運動禁止を言い渡されました。

このとき、トライアスロンは危ない、怖い、といったご意見をたくさんいただきました。
しかし、この事故は完全に僕の不注意から起こったことです。
きちんと気を付けて行っていれば、楽しめる競技で、僕の事故によってそのようなイメージがついてしまったのだとしたら、それはとても申し訳ないと思いますし、絶対に払拭したいのです。

学生時代の部活などのように、何か目標に向かってひたすら練習を続けてクリアする、といった活動は、大人になってからは減ってしまいます。
練習が辛すぎて心が折れそうになることもあります。でも、それを乗り越えてクリアできたときの達成感は他では味わえない喜びです。

それにトライアスロンはマラソン・水泳・バイクの3種目があることで、マラソンの練習に飽きたら水泳、水泳の練習に飽きたらバイク、と気分転換もできて、3つおいしいスポーツです。
このスポーツの魅力をもっとみなさんに知っていただきたい!と思うのです。

トライアスロン世界大会へ挑戦

そのために僕は来年のトライアスロン世界大会に挑戦をすることにしました。僕がトライアスロンをすることで少しでも、みなさんにこのスポーツの魅力を知ってほしい。世界一になれれば、もっと世の中の方がこのスポーツを見てくれるかもしれない。そんな思いからこの挑戦を決意しました。

世界大会に挑戦するためには、日本で行われる大会でポイントを貯めていく必要があります。
4レースの合計ポイントの上位5名が世界大会に出場することができるのです。

しかし、この大会は全国で開催されるため、交通費やコーチの費用、帯同費、合宿費用、レース出場費用などかなりの費用が必要となります。
このプロジェクトに応援してくださった資金は、その費用に充てさせていただきます。

安全性を高めるために

昨年の事故をきっかけに、トライアスロンや自転車を楽しむために、より、安全性を考慮するようになりました。
JAF関西交通安全実行委員会主催の交通安全フォーラムに登壇させていただいたりして、安全のために必要なことをお話しさせていただいたりもしています。

僕の事故を見て競技自体を危ないと思うのではなく、安全性をしっかり高めて競技を楽しもう!という思考になっていただけるよう、今後もっと安全利用や気を付けるべきことについて皆さまに知っていただくべく活動していこうと思っています。

芸能人がクラウドファンディングを行うことに対し、反対のご意見をいただくこともあるだろうと思っています。しかしこうしてクラウドファンディングを使うことで、SNSやウェブ上でこの活動が広まり、トライアスロンに興味を持ってくださる方が増えるかもしれません。そこからもしかしたら競技に挑戦してみようと思う方もいるかもしれません。そうなってもらえれば、僕はとてもうれしいですし、クラウドファンディングを使う意味があるように思うのです。

皆さま、どうぞ僕のこの挑戦を応援してください!

応援コメント

TKO 木下さん

よゐこのお二人

所ジョージさん

小島よしおさん

リターン

1,000円
お礼の動画メッセージ

5,000円
お礼の動画メッセージ
団長オリジナル自転車反射板ステッカー

10,000円
お礼の動画メッセージ
団長オリジナル自転車反射板ステッカー
所ジョージさん公認団長デザインオリジナルTシャツ(フリーサイズ)

30,000円
お礼の動画メッセージ
団長オリジナル自転車反射板ステッカー
所ジョージさん公認団長デザインオリジナルTシャツ(フリーサイズ)
団長と一緒にラン
※山本淳一コーチ指導のもと、都内を走ります。日時要調整。
決起会参加権(飲食費用は実費になります。年内に都内にて開催予定)

50,000円 限定30名
お礼の動画メッセージ
団長オリジナル自転車反射板ステッカー
所ジョージさん公認団長デザインオリジナルTシャツ(フリーサイズ)
団長の練習着にあなたのお名前を掲載できる権利

300,000円 限定10名(企業向け)
団長がお礼の訪問(日時は要調整。国内のみ。)
団長が大会出場時に着用するユニフォームに、あなたのお名前または企業名を掲載できる権利