A896a642605f6ac28ad690fedc0cbd8de5eb42ba32010bde21fda30fd5d7?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20171020%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20171020t071853z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=2f65888218dff2f8687a7440db54a955c270dcecb8a4c06fe8ebb0d5312f4991

目指せ!3000人動員!@浦安陸上競技場
長谷川太郎引退試合開催プロジェクト

2b064abebf7697cbe6d910b375b42c925d53f8db4f9ec812741565602e7f?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20171020%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20171020t071853z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=056bb3908d60be8e97d2a02627ddbc4010bd078f2e843d856750aba929076c91

こんにちは、ブリオベッカ浦安 チーム代表の谷口です。
このプロジェクトは、長谷川太郎の引退試合を浦安市運動公園陸上競技場で開催し、3000名の観客動員を目指すためのプロジェクトです。 

長谷川太郎という人

柏レイソルユースから1998年にトップリーグに昇格。
その後2002年にアルビレックス新潟、2003年にヴァンフォーレ甲府へ移籍をしました。
2005年シーズンにはヴァンフォーレ甲府で大ブレークをし、J2で日本人ではトップとなる17得点を挙げ、J1昇格の立役者となりました。
2007年に徳島ヴォルティスへのレンタル移籍。横浜FCを経て、2009年はニューウェーブ北九州に、翌2010年はJ2昇格により改称したギラヴァンツ北九州に、それぞれ所属してプレーをしました。
2011年、浦安JSC(現・ブリオベッカ浦安)に移籍。 2014年からはインド・Iリーグ1部のムハンメダンFCに所属していました。 

浦安JSC(現・ブリオベッカ浦安)での活躍

浦安JSC(現・ブリオベッカ浦安)での活躍 先述のように、長谷川選手はJ2から(当時は)カテゴリー3つ下となる千葉県1部リーグの浦安JSCへ移籍をしました。
当時の浦安JSCは「浦安から世界へ」の標語のもと、プロチームを目指して体制強化をしていました。
Jリーグから移籍をした長谷川選手や清水康也選手を中心に県リーグ優勝、そして関東大会でも圧倒的な強さで優勝をして関東2部リーグへと昇格をすることが出来ました。

2012年は東日本大震災による液状化で浦安市が大きな被害を受けたため練習場所に苦労をして足踏みをしたものの、2013年は無敗で関東1部リーグに昇格。その立役者の一人が長谷川太郎です。


↑長谷川太郎プレー集

長谷川太郎の持ち味は「はずさないシュート」。
彼のプロ魂に選手やスタッフは大いに啓発されチーム力がドンドンと上がっていく様子が感じられました。
試合中はゴールに迫る怖い存在でも、ユニフォームを脱ぐと紳士で優しい。
彼は少年やU15女子チームのコーチも務めていましたが、選手達だけでなく保護者の皆さんにもとても人気がありました。
サポーターの方にも自分から声をかけ、彼の周りにはいつも自然と人の輪ができていました。

2014年シーズン、彼は海外で活躍する夢をかなえるべく日本を飛び出し、単身インドのプロリーグで活躍する選択をしました。
そしてシーズン終了後、彼は現役引退を決意しました。
私達にたくさんの思い出を残してくれた長谷川太郎のために、この浦安で引退試合を開催したいと思いプロジェクトを立ちあげました。 これまで彼を応援していただたい多くの皆様の力を借りて、盛大に送り出してあげたいという思いからクラウドファンディングに挑戦します。

長谷川太郎の言葉

~一度は引退を決意、しかしそこからインドへ挑戦~

2013シーズンJFL昇格がかかった試合・・・ 最後までピッチの外から試合を眺めていました。 
負けた瞬間、涙を隠す為にペットボトルの水の回収にいき、選手達がグラウンドを離れた後、大粒の涙を流しました。 
2010年、共に同じ夢に向かって入団した10番清水康也に「俺、もう引退するわ・・・」と伝え、これでもう1度Jリーグに行くという夢は諦め、現役を引退をほぼ決意。 

苦しい時も辛い時もこれまで共に戦ってきた仲間と最後のカップを優勝し、これで選手としてグラウンドに立つことはないと優勝した後も涙を流しました。 
その後シーズンも終わり、2013年の12月はスクール活動のみの1ヶ月間・・・ 
この時、子供達に話したことがターニングポイントのきっかけになりました。 
「夢を持って頑張ろう」 その言葉で、何か自分はやり残した事はないのか? 
年齢を言い訳にチャレンジししていない事はないか? 
そう自分に問いかけました。 

その中で、やり残したことを1つだけ見つけました。 
それは、海外挑戦・・・ 海外でプレーしたい、全てのカテゴリーでGOALしたいと思うようになったのです。 
そして2013年12月末に海外挑戦を決意しました。 

2014年1月11日、何もチームのあてがない中、タイに飛びました。 

タイに到着してからは、知り合いの選手に連絡しチーム探しに精を出しました。
時期的にほとんどのチームの外国人枠が埋まってしまって、なかなか練習に参加できなかったり、練習参加してもフィジカル以外の練習には混ぜてもらえない日々が続きました。

そして、タイに渡ってから期限の1ヶ月が迫った頃、チェンマイに来た名古屋グランパスの練習試合の相手チームに突撃でプロフィールを渡し、練習試合の参加にこぎつけ、結果を出し、1年間契約の話を受けることが出来ました。しかし、人生は面白いモノで、その同じタイミングでインドにいる親友から連絡が入ったのです。

「インドのチームがアジア枠のFWを探していて、太郎に興味を持っている。まだわからないし、契約しても3ヶ月だけ。しかも給料が未払いになる可能性があるチームだぞ。それでも海外でプレーしたいなら、インドに飛べ」と。迷わずインドに飛び、なんとか契約を勝ち取ることができました。

~自ら命を断った、今は亡き親友のバースデーのスーパーゴール~

とんでもない所に来てしまった・・・。
インドに到着してすぐ思った感想です。
ここで生活ができるのか?言葉は大丈夫か?それよりもチームと契約できるのか?未払いは大丈夫か? そんな不安だらけだったけれど、思っていた以上に現実は更にすごかったです。

約束しても来ない、電話に連絡しても出ない、もちろんお給料は期日に払われない。
グラウンドに出るまでにどれだけコントロールするかがとても大変でした。
結果を出す以外、この問題を解決できないし、このままでは生きていけないと思うような危機感を感じるようになりました。
そう感じるようになってから、試合でゴールを決めることができるようになったんです。

そして、迎えた2015年4月27日最終節。現役最後と決めて臨んだ1戦でした。また、チームにとっても大切な1戦です。
1点ビハインドで迎えた前半終了間際、スーパーゴールを決めることができました。
自ら命を絶った、今は亡き親友のバースデー・・・ 親友が見えないチカラを与えてくれたと今でも感謝しています。
インド途中から加入した約3ヶ月間の結果、11試合3得点、ベスト11に2度、そして現役最後に決めたゴールが2013−2014シーズンBESTゴール20の7位に選出して頂きました。 

~小学1年生の頃からの夢を終わりにして、次の挑戦へ~

その後、インド・ミャンマー・日本と多くのチームから有り難いことにオファーを頂きました。
しかし、選手として第一線で上を目指すことは終わりにしようと思ったのです。
そして、セカンドキャリアは、これまでの経験を還元し、恩返しをしようと考えています。

その前に、これまでの感謝を、これまでお世話になった方々にお返ししたい・・・ そう思っています。

~引退試合を通じて今後の意気込みを伝えたい~

現在はTRE2030 STRIKER ACADEMYというサッカースクールを運営しております。
2030年までにワールドカップ得点王を育てることを目標としています。
現役時代のサッカー選手の繋がりを活かし、沢山の選手たちにも来て頂くことで、子どもたちにプロ選手、海外を身近な存在に感じてもらい、夢は頑張れば手に届くのではないかと考えるようになってくれたら嬉しいと思っています。

現役の第一線からは退きましたが、やはりサッカー界に貢献していきたい気持ちは変わりません。

様々な人達にサッカーに興味を持ってもらい、応援、協力してもらえるように、今自分がやれることでこれまでの恩返し、これからの貢献ができたらと思っています。

引退試合を通じて、これまでの感謝、今現在の報告、そしてこれからの意気込みを伝えられたら嬉しく思います。
長いようで短かった現役生活の17年間。
もっと言えば、夢を抱いた小学1年生からの約30年間。
様々な方々のおかげでとても充実していました。
本当にありがとうございました。
そして、今後も頑張って参りますので、応援宜しくお願い致します。
長谷川太郎

長谷川太郎引退試合 概要

対戦カード:『長谷川太郎Friends VS 浦安レジェンドOB』
試合日程:10月4日(日) 15:00キックオフ(20分ハーフ)
試合開場:浦安市運動公園陸上競技場
観戦無料 来場予定者数:3000人
露出:ブリオベッカ浦安公式サイト・Facebook・Twitter、ブリオベッカ浦安後援会サイト、選手公式ダイアモンドブログ
主催:ブリオベッカ浦安選手会
運営:一般社団法人TRE・ブリオベッカ浦安選手会

長谷川太郎Friends出場予定者(順不同)

元サッカー選手、長谷川太郎の友人である著名人など予定しています。
引退試合出場者は決定次第随時追記していきます!

杉山新⇒元柏レイソル、ヴァンフォーレ甲府にて共にプレー、現在malvaコーチ
百瀬俊介⇒日本人初メキシコリーガー
菊池康平⇒元ボリビアリーガー、現在ライターとしても活躍中
石井直人⇒元柏レイソルユース、明海大学、現在ドイツでプレー
末岡龍二⇒元アルビレックス新潟、インド始め海外でプレー
福井修一⇒松竹芸能ワンワンニャンニャン
藤吉信次⇒元読売クラブ、現在東京ヴェルディユース監督
倉貫一毅⇒元ヴァンフォーレ甲府などでプレー、J通算約500試合出場
林健太郎⇒元日本代表、東京ヴェルディ、ヴァンフォーレ甲府でプレー
須藤大輔⇒元ヴァンフォーレ甲府、ヴィッセル神戸でプレー
鈴木良介⇒現ソルティーロゼネラルマネージャー
佐伯直哉⇒元ヴィッセル神戸、東京ヴェルディでプレー
垣本右近⇒カフリンガ東久留米、FC.フエンテ東久留米 選手兼代表 フットサル&サッカープレーヤー、SVOLMEモデル
小森田友明⇒元大分トリニータ、ギラヴァンツ北九州、現在チョープロ
海老澤宏樹⇒元東京ヴェルディ、タイリーグでプレー
小林康剛⇒元鹿島アントラーズ、徳島ヴァルティスでプレー
宮川大輔⇒元セレッソ大阪、ギラヴァンツ北九州でプレー
宇留野純⇒元ヴァンフォーレ甲府、タイリーグでプレー
松下晋也⇒元東京ヴェルディ、現在ジョイフル本田つくばFC
水越潤⇒元ヴァンフォーレ甲府でプレー
株式会社 BARIKI  コシバKEN⇒ET-KINGメンバー
BOTS(Dragon Ash DJ)

頂いた資金の使い道

試合運営(施設利用費、警備など人件費、他)
ユニフォームなど必要経費
セレモニー費用 など

必要経費150万円のうち50万円を目標金額としました。
50万円を超えてご支援を頂いた場合は追加で必要経費に充填させて頂きます。
もし、予算を上回った場合には運営をボランティアしていただく、ブリオベッカ浦安の全国制覇のための遠征費に寄付させていただきます。

応援コメント(順不同)

宇留野 純:元ヴァンフォーレ甲府、現在タイのリージョナルリーグ・ディヴィジョン2 Ubon UMT United F.C所属
「太郎ちゃんのセカンドステージにも期待し応援しています 」

松ヶ枝 泰介:元ジェフユナイテッド市原・千葉、現在インドリーグ・ムンバイFC所属
「これからもサッカー界を盛り上げていってください!! 応援しています。」

鈴木 良介:ソルティーロ ファミリア サッカースクール ゼネラルマネージャー
「長年の選手生活お疲れ様でした! 常に前を向き、ポジティブな太郎さんに常に刺激をもらっています。 次のステージでの活躍も期待しています!」

 ET-KING コシバKEN:アーティストグループ「ET-KING」メンバー、また、これまでに様々なステージで培った、話力を活かし音楽活動だけではなく結婚式(披露宴、二次会)・各種催し物(スポーツイベントなど)でMCとして活動中
「この度は長谷川選手の引退試合にお招きいただき大変光栄に感じております。 何はともあれまずは長谷川選手お疲れ様でした。 僕は長谷川選手とそんなに長い付き合いでは正直ありません。しかし長谷川選手の沢山の方に慕われている姿を拝見しました。共にボールを蹴らせていただいて更に愛のある方だと感じました。 このような長谷川選手の人生の節目となる機会にご迷惑をかけないよう頑張らせていただきます。」

石井 直人:柏レイソルユース、明海大学、2002年にドイツに渡り、今も尚プレーヤとして、また指導者として活躍中
「長いプロサッカー選手生活お疲れ様でした。太郎と出会って20年、太郎の頑張りに刺激を受け私も今まで頑張ってこれました。ありがとう。これからの太郎の新たな形でのサッカー人生をドイツから応援します!頑張れ!!!」

菊池 康平:元ボリビアリーガー、世界各国サッカー道場破りを経験、現在ライターとしても活躍中
「太郎さんのインド挑戦に刺激を受けて僕も会社を辞めてインドに渡りました!Jリーグ&インドで戦い切った太郎さんの経験を是非とも未来のサッカー選手に伝えて欲しいです。現役生活お疲れさまでした!」

倉貫一毅:元ヴァンフォーレ甲府、J通算477試合出場。現在は徳島のホームタウン推進部普及コーチとして活躍中
「太郎は17年、俺は18年、お互い大好きなサッカーを長くやれて幸せやったな。 これからは、いままでと違った形でサッカーに関わっていく中で、いろいろあると思うけど、お互い楽しんでやって行きましょう。 試合楽しみにしてます。」

垣本右
近:関東フットサル1部リーグ所属「カフリンガ東久留米」で選手・監督・代表。東京都社会人サッカー1部リーグ所属の「FC.フエンテ東久留米」でも選手兼代表 フットサル&サッカープレーヤー。フットサルスクールの運営などを手掛ける株式会社kelnchuの代表取締役。スポーツファッションブランド「SVOLME(スボルメ)」のモデル
「太郎、長い現役生活本当にお疲れ様でした。Jクラブから地域リーグ、海外のリーグまで幅広く現役選手として携わった経験はきっと第2のサッカー人生に生かされることがたくさんあると思いますし、たくさんの子どもたちの良い経験として伝えていってください。引退試合を行うことも現役時代からたくさんの人から愛され、慕われてきた結果。素晴らしい~♪10月4日の引退試合に3000人動員プロジェクト!!みんなで太郎の門出を祝いに浦安へ集結だぁ!!」

吉田 匡良 :
太郎さん
引退...
バカやろ〜
今まで培ってきたことを
これからの 未来ある子供達に
伝えてあげてください‼️
目指せ
2030年 W杯日本人得点王
太郎さんの息子(笑)

リターン

▼5,000円
・御礼メッセージ
・長谷川太郎サイン入り色紙
・長谷川太郎サイン入りTシャツ

▼7,000円
・御礼メッセージ
・引退試合出場者全員サイン入り色紙
・長谷川太郎サイン入りTシャツ

▼10,000円
・御礼メッセージ
・引退試合出場者全員サイン入り色紙
・引退試合出場者全員サイン入りTシャツ

▼30,000円 限定10個
・御礼メッセージ
・引退試合出場者全員サイン入り色紙
・長谷川太郎サイン入りユニフォーム(試合使用。番号はお選び頂けません)
・長谷川太郎サイン入りスパイク

▼30,000円 限定10個
・御礼メッセージ
・引退試合出場者全員サイン入り色紙
・長谷川太郎サイン入りユニフォーム(試合使用。番号はお選び頂けません)
・引退試合出場者全員サイン入りボール

▼40,000円(個人様向け)限定3個
・御礼メッセージ
・引退試合出場者全員サイン入り色紙
・長谷川太郎サイン入りユニフォーム(試合使用。番号はお選び頂けません)
・引退試合出場者全員サイン入りTシャツ
・引退試合後に行われる食事会に参加できる権利

▼100,000円限定5個
・御礼メッセージ
・引退試合出場者全員サイン入り色紙
・長谷川太郎サイン入りTシャツ
・引退試合出場者全員サイン入りTシャツ
・講演会や、出張指導などに長谷川太郎が出向きます!
※都内以外交通費別途