A896a642605f6ac28ad690fedc0cbd8de5eb42ba32010bde21fda30fd5d7?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20170816%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20170816t132424z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=17778034823e551e202d82bb00ee2b254fde5476ba509769caff2a8509009309

元日本代表選手・冨岡耕児、ラグビー界への恩返しがしたい
子どもたちが夢や目標をしっかり持ち、困難に立ち向かえる未来へ

Bbaf969f90c7243271317184b2896a75b0737ced1b61a7992d949fcf2f9b?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20170816%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20170816t132424z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=55f4d97a9d9e8b50896934e44c466b778bd74a59d03fe66d2dee314b6b633c8f

------------------
<運営からのお知らせ>
本プロジェクトでは支援終了期日まで、 銀行振込での支援を受け付けさせていただくこととなりました。 銀行振込をご希望される方は、「元日本代表選手・冨岡耕児プロジェクト銀行振込での支援希望」の件名で、下記アドレスまでメールにてご連絡ください。 担当者より、折り返し手順についてご案内させていただきます。
※ご連絡の際には、PCのメールアドレスより御連絡下さいませ。

info@greenfunding.jp
(こちらのメールアドレスをクリックいただけると、 メーラーが立ち上がります)
---------------------

はじめまして!
一般社団法人PRAS+(Puremier Rugby Association)の代表理事の富岡耕児です。
私は2004年にヤマハ発動機に入社し、2006年からはプロラグビー選手としてプレーしてきました。
周囲のサポート、良きチームメイトに恵まれたこともあり、2008年には日本代表としてもプレーすることが出来ました。

2009年からは出身地の大阪で活動するNTTドコモレッドハリケーンズに移籍し、2012年に現役を引退しました。
自分自身が元ラグビー日本代表選手であったという経験を上手く活かし、また自分を育ててくれたラグビー界への恩返しもしたく、この団体を設立しました。
現在は私と、ヤマハ発動機時代の同期で同じく元ラグビー日本代表である守屋篤と関西で活動しています。

現在は主に、平日夜間に中学生向けのラグビーアカデミーを実施、週末には不定期ですが大人の初心者向けにラグビーボールに触れてもらって、ラグビーを体験してもらうおとなのラグビー教室、そして平日午前中には大阪府下の小学校を訪問して、小学生にタグラグビーを体験してもらうタグラグビー特別授業を実施しています。
今回はこのタグラグビー特別授業へのご支援をお願いするために、クラウドファンディングのプロジェクトを立ち上げました

タグラグビーって知ってますか?

タグラグビーはラグビーから生まれた新しいスポーツです。
15人制の本格的なラグビーとは異なり、身体の接触や、地面に倒れこむプレーはありません。
つまりタックルやスクラムがないラグビーです。
しかもルールも簡単で楽しめ、お子さんや女性の方でも楕円球を持って走る、実に爽快なスポーツです。
タグラグビーのテーマは「だれでもできる」です。みんなで楽しく汗をかいて、良い友達をつくる事が目的です。
(タグラグビーオフィシャルウェブサイトより引用)

ラグビーのセカンドキャリアを希望のあるものに

2019年にラグビーワールドカップ日本大会、2020年には7人制ラグビーが正式種目である東京オリンピックが開催されます。

私たちはジュニアから大人まであらゆる世代に、様々な方法でラグビーの魅力を普及振興していく活動をしています。
この活動が拡大することで、プロラグビー選手が引退した後もラグビー選手が活躍できる環境を整備し、セカンドキャリアを希望のあるものとしていきたいと思って活動しています。

タグラグビーとの出逢い

先ほど申し上げたとおり、我々は中学生向けのラグビーアカデミーや、おとなのラグビー教室、小学生向けタグラグビー特別授業を実施しています。
私たちは日々の活動で触れ合った方々、特に、子どもたちには、世界中から集まる素晴らしいラグビーを見せて差し上げたいと思っております。 

現役を引退した2012年、所属していたNTTドコモレッドハリケーンズが「大阪府トップアスリート小学校ふれあい事業」に参加し、大阪府下の小学校へラグビー普及振興の一環としてタグラグビー特別授業を実施することになり、そのアンバサダー役としてOBである私に声を掛けていただいたのが、タグラグビーとの出逢いでした。

私たちはタグラグビー特別授業の活動開始当初、ラグビーワールドカップが成功するために、という思いから活動をしてきました。
しかし、訪問を重ねるうちに、このタグラグビーというスポーツは運動だけではなく教育的要素も多く含むスポーツだと途中で気づきました。
私たち元トップアスリートが小学校を訪問することで、多くの子どもに喜んでもらえてきました。
学級崩壊していたクラスがタグラグビーをキッカケに一つにまとまったり、自閉症で不登校の子どもが学校にくるキッカケになったり、運動能力や経験を問わずにみんなで遊べるタグラグビーが大反響を呼んでいます。

もちろん、この活動を通じてラグビーに興味を持ってもらえる子どもが増えて欲しいですし、ラグビーの人気が向上して欲しいと思いますが、タグラグビーをキッカケに運動やスポーツに関心を持ってくれることが今では一番の喜びです。
嬉しいことに現在では、訪問希望学校の募集をすると予定訪問数の5倍以上の学校から応募があります。
残念ながら活動資金面で訪問できる学校数が決まっており、柔軟に活動できないことが一番の悩みとなっています。

過去、大阪府トップアスリート小学校ふれあい事業を通じ、
2012年度 32校 小学校訪問
2013年度 30校 小学校訪問
2014年度 50校 小学校訪問
その他の支援で年間2~3校程度訪問しております。

クラウドファンディングを使う理由

現在はNTTドコモレッドハリケーンズの普及振興予算の範囲で活動させていただいていますが、募集に対して応募数が非常に多く、訪問したくても訪問できない小学校が多数あるのが現状です。
出来るだけ多くの学校を訪問できるようにご支援を頂きたいです。

CSR活動に積極的な法人企業様に、我々の活動の支援をアプローチしましたが、長引く不況もあって良いお返事をいただくことは出来ませんでした。
一方で、私たちの活動を多くのラグビーファミリー、関係者に応援いただいております。
そんな皆様のお力を借りることが出来ないか?と考え、クラウドファウンディングのプロジェクトを開始するに至りました。
集まった資金を活用し、1校でも多くの学校へ訪問していきたいです。

関西から、子どもたちの元気な笑顔を発信していきたい

タグラグビーは本格的なラグビーと違って特別な技術や経験、知識を必要としませんので、男女問わずに楽しんでもらえます。
競技の特性から目いっぱいグラウンドを走り回ってくれます。
実際に訪問したことがキッカケで子どもたちの心身の変化、運動嫌いが好きになる、小さな成功体験を経験できることなど、学校や子どもたち、先生方にまで感動して頂けています。
そんな子どもたちに、大人になって、夢や目標をしっかり持ち、これからの困難に立ち向かう、強い人間に育ってほしい。
そんな想いで日々活動しております。 ご支援よろしくお願いします。

リターン

▼1,000円
・御礼のメッセージ

▼5,000円
・御礼のメッセージ
・オリジナルステッカー
・富岡耕児・守屋篤サイン入り色紙

▼10,000円
・御礼のメッセージ
・オリジナルステッカー
・富岡耕児・守屋篤サイン入り色紙
・定期活動レポート配信
・オリジナルクリアファイル

▼30,000円
・御礼のメッセージ
・オリジナルステッカー
・富岡耕児・守屋篤サイン入り色紙
・定期活動レポート配信
・オリジナルマグカップ

▼50,000円
・御礼のメッセージ
・オリジナルステッカー
・富岡耕児・守屋篤サイン入り色紙
・富岡耕児・守屋篤サイン入りラグビーボール
・定期活動レポート配信

▼100,000円
・御礼のメッセージ
・オリジナルステッカー
・富岡耕児・守屋篤サイン入り色紙
・富岡耕児・守屋篤サイン入りラグビーボール
・現役時代使用練習着
・定期活動レポート配信

▼300,000円 企業様・団体様向けプラン
・貴方のご希望の場所に出向き、タグラグビー特別授業の実施(学校、会社研修、地域イベントなど)
※交通費は別途